3ヶ月を過ぎたら【赤ちゃん用パジャマを購入しよう】

お出かけを楽に楽しく

色んなことが可能になる

親子

赤ちゃんを抱っこする際に、あると便利なのが抱っこ紐です。
抱っこ紐は、赤ちゃんをママの手や体だけで支えるのではなく、布で包み込むことで抱っこのサポートをしてくれるものです。
特に新米ママは、赤ちゃんの抱っこが原因で腱鞘炎などになりやすいのですが、そんな時にも強い味方になってくれます。
抱っこ紐によっても異なりますが、赤ちゃんを抱っこしながらママの片手、もしくは両手が空くようになり、荷物を持ったり、赤ちゃんを抱っこしながら買い物などができるようになったりします。
赤ちゃんにとっては、より多くより長くママに抱っこしてもらえるツールになり、ママにとっては、できることや行動範囲を広げてくれるツールとも言えるのではないでしょうか。
また、首すわり後の赤ちゃんのおんぶをサポートしてくれる抱っこ紐もあり、おんぶができるとママは格段にできることが増え、黄昏泣きや後追いの対策としても大変便利です。
また他にも、赤ちゃんを前向きで抱っこすることができる抱っこ紐もあります。
こちらは、動きが活発になり、周りに興味が出てくる時期の赤ちゃんを抱っこしたい時にとても便利です。
また、赤ちゃんが心地よいとされる、身体を丸めた状態をキープさせてくれるような抱っこ紐もあります。
これを使うことで、赤ちゃんが安心して泣き止む、赤ちゃんの寝かしつけに重宝するなどといった口コミがあり、こちらも、赤ちゃんにとってもママにとっても、あると助かる抱っこ紐です。
あ子育ての際にあると便利なのが、抱っこ紐です。
抱っこ紐は、赤ちゃんをママの手や体だけで支えるのではなく、布で包み込むことで抱っこのサポートをしてくれるものです。
特に新米ママは、赤ちゃんの抱っこが原因で腱鞘炎などになりやすいのですが、そんな時にも強い味方になってくれます。
抱っこ紐によっても異なりますが、赤ちゃんを抱っこしながらママの片手、もしくは両手が空くようになり、荷物を持ったり、赤ちゃんを抱っこしながら買い物などができるようになったりします。
赤ちゃんにとっては、より多くより長くママに抱っこしてもらえるツールになり、ママにとっては、できることや行動範囲を広げてくれるツールとも言えるのではないでしょうか。
また、首すわり後の赤ちゃんのおんぶをサポートしてくれる抱っこ紐もあり、おんぶができるとママは格段にできることが増え、黄昏泣きや後追いの対策としても大変便利です。
また他にも、赤ちゃんを前向きで抱っこすることができる抱っこ紐もあります。
こちらは、動きが活発になり、周りに興味が出てくる時期の赤ちゃんを抱っこしたい時にとても便利です。
また、赤ちゃんが心地よいとされる、身体を丸めた状態をキープさせてくれるような抱っこ紐もあります。
これを使うことで、赤ちゃんが安心して泣き止む、赤ちゃんの寝かしつけに重宝するなどといった口コミがあり、こちらも、赤ちゃんにとってもママにとっても、あると助かる抱っこ紐です。

使用期間と用途に合わせて

ベイビー

赤ちゃんの抱っこをサポートしてくれる抱っこ紐ですが、様々なメーカーから、色々な特徴をもった抱っこ紐が出されています。
それぞれの種類について、特徴を簡単にまとめます。
まず、抱っこ紐は大きく3つのタイプに分けることができます。
スリングタイプ、エルゴノミックタイプ、肩ベルトタイプの3種類です。
スリングタイプは、長い布で赤ちゃんを包み込み、ママの抱っこをサポートします。
新生児期から使用できるものが多く、赤ちゃんがすっぽりと包み込まれるため安心感があり、また丸まった体勢が赤ちゃんに負担をかけにくいとも言われており、海外でも人気の高いタイプです。
他のタイプのものと比較して、安価で、かさばらないタイプのものが多いのも特徴の一つです。
また、腰に負担がかかりにくいので、腰に不安があるお母さんでも安心して使用できます。
次にエルゴノミックタイプは、肩と腰に大きなベルトがついているタイプの抱っこ紐で、ママの身体への負担軽減を最も考えられて作られた抱っこ紐であると言えます。
抱っこ紐を使用することでママの両手が使えるようになり、荷物を持ったり、作業をすることが可能になります。
また、腰ベルトが赤ちゃんを支える力を分散してくれるので、長時間の抱っこに対して負担がかかりにくい抱っこ紐と言えます。
最後に肩ベルトタイプですが、こちらは前途した二つの中間のような特徴を持ちます。
赤ちゃんの首すわり後の抱っこについては両手があくようになり、おんぶのサポートもできるものがほとんどです。

それぞれのメリット

親子

赤ちゃんを楽に抱っこできるアイテムとして抱っこ紐があります。
抱っこ紐は抱っこする人の背中や肩で赤ちゃんを支える装具で、手を使わない分負担も軽くなります。
このような育児がしやすくなる点から、多くのママやパパから利用されています。
抱っこ紐は、ママやパパと一緒に赤ちゃんを移動する手段としても利用できます。
赤ちゃんを移動させるには抱っこやベビーカーなどがありますが、長時間移動するときや人混みの中では移動も大変です。
しかし、抱っこ紐であれば両手を他のことに使いながらでも移動ができ、他の人の邪魔にもなりません。
買い物や遊びに行くときなどに、抱っこ紐は大活躍できるのです。
そして、抱っこ紐のメリットは家事をするときにも無理をせずに利用できる点です。
抱っこをしなければ泣いてしまう赤ちゃんや、目を離せない時期などは、なかなか家事ができないようなこともあります。
けれども、そのようなときに抱っこ紐を活用すれば、抱っこをしたまま両手が使えるので家事もスムーズに行えます。
抱っこ紐はタイプによっておんぶができるものもあるので、これだと台所作業も通常通りできます。
赤ちゃんの育児は振り回されてしまう場合も多いですが、抱っこ紐を用いれば効率的な時間の活用も無理ではありません。
抱っこ紐は赤ちゃんを安全に居心地のいい体勢で支える工夫がされているため、不快感のない作りとなっています。
このような作りはママやパパに密着する体勢となるので、赤ちゃん自身も大きな安心感を抱くことができるのです。

使い勝手や利用目的を考査

ベイビー

現在、多くの女性が利用するアイテムに抱っこ紐が挙げられます。複数の機能を備えているものが多いため、予め店頭などで試着をしてから購入するとよいでしょう。実際に触れてみることで、自身や赤ちゃんに合うものなのかを判断することができます。

もっと読む

安全性を重視する

赤ん坊

赤ちゃんの体では、寝ている間に代謝が活発になります。発汗量が増えるので、パジャマはそれを吸収するガーゼ生地やパイル生地で作られたものを選ぶ必要があります。これらは柔らかく、成長の妨げにもなりにくいと言えます。またデザインは、脱ぎ着させやすく飾りの誤飲の心配がない、シンプルなものが良いとされています。

もっと読む

お出かけを楽に楽しく

親子

抱っこ紐があると、両手が空くようになり、買い物をするなどママの行動制限を取り払うことができます。また、常にママと密着していられるので、後追い対策としても有効です。赤ちゃんの体のつくりを考えて設計されているので、赤ちゃんいとっても嬉しいアイテムだといえるでしょう。

もっと読む