スマホの支払額を減らす法|iPhone画面割れで困らないように対策しておこう
スマホ

iPhone画面割れで困らないように対策しておこう

スマホの支払額を減らす法

スマホを操作する人

最安なら月1,000円

スマートフォンは現代人の生活を便利にしてくれる通信アイテムですが、従来の携帯電話に比べるとコストが割高であるという課題があります。統計によれば、平均的なユーザーがスマートフォンのために支払う通信費用は、1か月あたり約7,000円となっています。そんな中、月々の支払いを大幅に安くできるとして話題となっているのが、格安SIMです。格安SIMとは、キャリアと呼ばれる大手携帯電話会社以外の事業者から提供されている通信サービスです。その最大の特徴は固定料金の低さで、最安コースだと月1,000円前後で利用できます。格安SIMはさまざまな会社が取り扱っています。専門事業者はもちろん、インターネットプロバイダ、家電量販店、大手スーパーなどからサービスが提供されています。

スリムなサービス内容

格安SIMの費用が割安なのは、いくつかの理由があります。最も大きな理由は、通信網を自社で持っているのではなく、大手携帯電話会社から借りているということです。その分だけ設備投資に要するコストが少なくて済むのです。また、多くの事業者がインターネット中心の営業活動をしており、人件費や店舗の維持費などを圧縮しているというのも安さの理由となっています。気をつける必要があるのは、安さゆえに大手のスマートフォンに比べるとサービスが一部制限されている場合があるということです。音声通話ができない、通信量の制限が厳しいなどがその具体例です。ただしこれらに関しては、オプションを付加することによって利用可能になる場合が多いので、逆に必要なサービスだけを選べるというメリットにもつながります。