3ヶ月を過ぎたら【赤ちゃん用パジャマを購入しよう】

安全性を重視する

生地やデザインの選び方

赤ん坊

赤ちゃん用のパジャマは、素材を重視して選ぶことが大事です。
というのも赤ちゃんの体では、寝ている間には特に代謝が活発となるからです。
この代謝により赤ちゃんは、新しい細胞を増やして成長していくのです。
そのためパジャマは、代謝の際に大量に出てくる汗をしっかりと吸収できる素材、そして体の成長の妨げにならない柔軟性のある素材で作られたものを選ぶ必要があるのです。
具体的には、ガーゼ生地やパイル生地で作られたパジャマが適していると言えます。
どちらも吸水性が高い上に柔らかいので、これらで作られたパジャマを着せると、赤ちゃんは汗や締め付けなどによる不快感で目覚めることなく、気持ちよく熟睡できるようになります。
つまり、それだけ成長が促されるということです。
さらにパジャマが汗を吸い取るのですから、布団が湿りにくくなります。
これにより、カビが生えたりダニが発生したりといったトラブルの可能性が低くなれば、布団の衛生状態が保たれやすくなるのです。
また赤ちゃんが小さいうちは、シンプルなデザインのパジャマを選ぶことも大事です。
シンプルな方が脱ぎ着させやすく、おむつ替えの時にも便利だからです。
またリボンや飾りボタンなどが多くついていると、赤ちゃんが口に入れてしまうことがあります。
赤ちゃんは寝ている時でも、無意識におっぱいを求めて口を動かすからです。
これが誤飲につながることもあるので、回避するためにも、デザインでは安全性を重視することが肝心とされています。

良質な睡眠のために

赤ちゃん

生まれたばかりの赤ちゃんは、ねんねが中心で活動量が少ないです。
カバーオールやロンパースで1日過ごし、汗やミルク汚れ、うんち汚れが頻繁にない限り、着替える回数は少ないです。
赤ちゃんにパジャマを着せることで、たくさんのメリットがあります。
最初は昼夜問わず泣き続ける赤ちゃんですが、2,3ヶ月頃になると生活リズムが安定してきます。
そのタイミングを狙って、夜はパジャマに着せ替える習慣を作ると、後々楽になります。
赤ちゃんのパジャマは70センチから展開しており、時期によって適したものを選びます。
前開きのつなぎタイプは、主にねんね期の赤ちゃんに使用します。
おむつ替えの回数が多いからこそ、簡単に止められるボタンがおすすめです。
首や腰が座る頃には、頭から被るタイプが適しています。
寝転がるのが嫌で怒り出す赤ちゃんも多いので、手早く着替えさせるにはもってこいです。
1歳前後になったら、セパレートでボタンの付いているものを選んであげると、自分で服を着る練習になります。
最近は子供目線でボタン設計されたパジャマも多く、自分でとめる楽しさを与えてくれます。
夏は風通しのよい素材、冬はしっかりと防寒できる厚手の腹巻き付きが良いです。
あまり重ね着しすぎると、熱を閉じ込めてしまい、冬場のあせもに繋がるので気を付けます。
パジャマの下には、なるべく肌着を着せてあげると、汗をしっかりと吸い取ってくれます。
成長に合わせてパジャマもグレードアップが必要です。

季節ごとに素材を変える

赤ちゃん

赤ちゃんは体温が高く、寝ているときに汗をかきやすいので、夜寝るときにパジャマに着替えて、朝起きたら普段着に着替える、というサイクルをつくるのが良いでしょう。
新生児のうちは一日中寝ていることが多いですが、生後6ヶ月を過ぎたあたりから、夜にたくさん寝るリズムが生まれてきます。
その頃からパジャマを着せる習慣を付けておくと、赤ちゃんに昼夜の区別を認識させることができます。
パジャマは寝心地を良くするため、肌触りが良く、吸収性の高い生地を選ぶようにしましょう。
コットンやガーゼ、メッシュ素材など肌に優しく、通気性の良いものだと赤ちゃんの眠りの質を高めることができます。
赤ちゃん用のパジャマにはカバーオールやセパレートタイプがあり、成長に応じて使い分けるのがおすすめです。
お腹を冷やさないように腹巻が付いたパジャマも販売されています。
前開きタイプは寝かせたままでスムーズに着替えさせることができ、夜中のおむつ替えにも便利です。
季節ごとにパジャマの素材を変えてあげることも大切です。
汗をかきやすい夏の時期は、吸収性の良い薄手の素材が良いでしょう。
冬は肌触りの良いコットンの肌着を下に着せて、保温性の高いキルト素材やフリース素材など、厚みのある生地を選ぶのがおすすめです。
昼夜の寒暖差がある春や秋は、寝冷えを防ぐことのできるスリーパーを活用すると良いでしょう。
スリーパーとは赤ちゃん用のベストで、パジャマの上に着せることで、毛布のように体温調節することができます。
色々な素材がありますが、コットン素材ならオールシーズン対応できるのでおすすめです。

使い勝手や利用目的を考査

ベイビー

現在、多くの女性が利用するアイテムに抱っこ紐が挙げられます。複数の機能を備えているものが多いため、予め店頭などで試着をしてから購入するとよいでしょう。実際に触れてみることで、自身や赤ちゃんに合うものなのかを判断することができます。

もっと読む

安全性を重視する

赤ん坊

赤ちゃんの体では、寝ている間に代謝が活発になります。発汗量が増えるので、パジャマはそれを吸収するガーゼ生地やパイル生地で作られたものを選ぶ必要があります。これらは柔らかく、成長の妨げにもなりにくいと言えます。またデザインは、脱ぎ着させやすく飾りの誤飲の心配がない、シンプルなものが良いとされています。

もっと読む

お出かけを楽に楽しく

親子

抱っこ紐があると、両手が空くようになり、買い物をするなどママの行動制限を取り払うことができます。また、常にママと密着していられるので、後追い対策としても有効です。赤ちゃんの体のつくりを考えて設計されているので、赤ちゃんいとっても嬉しいアイテムだといえるでしょう。

もっと読む